シャンプー,トリートメント,はげる,ブランド,ビィトン,10歳若返る,

アルマダ、IBE、VINなどの世界一素晴らしいヘアケア商品で貴方をカッコ良く10歳若返ります。

南雲先生ゴボウ茶

FrontPage

画像の説明

テレビでおなじみのアイチェンジング協会の南雲医師推薦20歳若返る薬ゴボウ茶の紹介です。

私が推薦するゴボウ茶は全国一の品質と、安全性のあるゴボウです。


純国産有機栽培による良質なゴボウを遠赤外線焙煎でじっくりと製造している。



日本で最高のゴボウ茶です。


味にもこだわり、のど越しの良い香ばしい味を楽しみながら20歳若返りましょう。

画像の説明

ごぼうは現在では、さまざまな料理で使われていますが、歴史を振り返ると、元々中国で薬用として利用されていたのほど、多くの効能があったんです。

ごぼうのミラクルパワーはTVでも紹介され、一躍有名になりました。そのミラクルパワーの源となっているのが、ごぼうに含まれるサポニンとイヌリンという成分なんです。

サポニンはアンチエイジングの特効薬とも呼ばれ、強力な抗酸化作用、界面活性作用腸内がきを持っています。

イヌリンは水溶性の食物繊維で余分な水分や不要な油などを吸収.排出。体内をキレイに掃除する役割を果たしてくれます。

ごぼうという植物は、地中深くに根を張って成長します。収穫されるまでの間、まっすぐ下に向かって根を下ろし続けるその過程で多くの菌や、虫が襲ってきます。リンゴやバナナを土に埋めるとすぐに腐ってしまいますよね?

にもかかわらずなぜごぼうだけが大丈夫なのか…
実はここにごぼうの力の秘密があったわけです。

ごぼうは細菌や虫から身を守るために、強力な海面活性作用と防菌防虫作用があります。細菌などから表面を傷つけられても、強力な創傷治癒作用であっという間に傷をふさいでしまうわけです。

こういったごぼうの力が、そのまま、私たちの体にも強力に作用してくれるというわけなんです。

画像の説明

ゴボウ茶生活習慣病を予防する

ごぼうには2種類の食物繊維が豊富に含まれる

不足しがちな栄養素のひとつである食物繊維の目標量は、

18歳以上では1日あたり男性19g以上、女性17g以上とされています(日本人の食事摂取基準2010年版)。
一方、平成23年国民健康・栄養調査結果によると、1日あたりの平均摂取量は13.7gです。
すべてを食品から摂取しようとするとかなりの量の野菜を食べる必要があります。

食物繊維の不足に合わせて、
動物性脂肪の摂取量が増加傾向にある中、
欧米で罹患率が高い大腸憩室炎などの大腸疾患が日本でも増加している。これらの大腸疾患に関係する二次胆汁酸は、
ごぼうにも多く含まれるカフェ酸などのポリフェノールで減少することが広島大学の研究グループから報告されています。

そこで、私たちは、高脂肪食を与えたラットに、ごぼうと焙煎ごぼうを餌にそれぞれ5%添加し、腸内環境を調べました。その結果、ごぼう摂取群は、大腸炎の危険因子とされる二次胆汁酸が、対照群と比較して有意に低下したのです。

また、腸管免疫の指標となるIgAと腸内のバリア機能を有するムチンがごぼう摂取群で顕著に増加しました 。
特に焙煎ごぼう茶に高い活性が認められました。


ゴボウアンチェンジング

ポリフェノールは、カフェオイルキナ酸、アルクチゲニン、アルクチン、ルチン、ケルセチン、モッコラクトンなどが含まれると報告されています。主に、種子と根にはカフェオイルキナ酸とリグナン(アルクチン・アルクチゲニン)、葉や茎にはそばにも多いルチンが含まれています。

当社のごぼう茶開発グループは、水産大学校の原田教授と共同で、ごぼうの高い抗酸化能をそのまま維持する技術を開発し、商品化に成功しました。抗酸化活性の測定方法は、ORAC(Oxygen radical absorbance capacity)法を用いています。

アメリカ農務省が進めている方法で、野菜や果物のORAC値のデータベース化が進められており、他の食品素材との比較が容易なためである。

しかし、もちろんごぼうはデータベースには載っていません。私たちは、世界で初めてごぼうのORAC値が、他の野菜と比較して高いことを確認し、日本調理科学会で発表しました。

その後、ごぼうのORAC値は、日本人が摂取する主要な野菜23種類の中でも最も高く、抗酸化成分(ポリフェノール等)を多く含んでいると報告されています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional